クレジットカードの支払いを延滞しないために読むサイト

クレジットカードの支払いは延滞しないように気を付けなければいけない!

クレジットカードは買い物をする際、非常に便利なアイテムですよね?
しかしこのカードを使う時に一番注意すべき事、それは延滞なのです。

 

支払いを延滞してしまえば、カード会社に記録として残ります。
更に、支払いを滞納したという情報は、個人信用情報機関にも情報として記録されるのです。
こういったネガティブな情報が記録されると、自身に対して不利な事へ繋がります。

 

新規でカードが作れない、ローンも組めない

 

新規にクレジットカードが作れないだけでなく、各種ローンが組めなくなるのです。

具体的にはショッピングローンやカーローン、住宅ローンなどになります。

 

何故こういった状況が発生してしまうのか、それは滞納により審査が厳しくなるからです。

金融機関にはクレジットカード等の使用履歴を記録する、第三者機関が存在します。

この情報には勤務先から延滞情報まで、様々な情報が記録されているのです。

 

個人信用情報機関は、カードやローン契約の時に必ず情報が記録されるようになっています。

そしてこの情報が審査に使われ、その情報を元に契約するかどうかを判断するのです。

ここで多額の金額滞納や、長期延滞の記録があれば勿論不利になってしまいます。

 

だからといって、金額が少なかったり延滞の期間が短ければ大丈夫というわけではありません。

 

強制解約や更新拒否される可能性もある

 

初犯であれば企業も配慮してくれますが、常習犯であれば当然信用は失われていますよね?

これによって審査が厳しくなる事により、自身の人生プランに多大な影響を与えてしまいます。

新規の契約が出来ないだけでなく、手持ちの異なるカード会社全てにも影響が出ます。

 

延滞を続けていると、全て強制解約される事もありえるのです。

これには明確な規定は無く、期日も金額も延滞回数も様々となっています。

強制解約や督促の基準は、カード会社によって敷居が違っており、変化していきます。

 

 

そして、解約をされなかったからといって安心出来るわけではありません。

クレジットカードには数年後に更新という物が存在しており、更新拒否される可能性もあります。

この更新拒否の情報も、金融機関は共有する事が出来るため、他のカードの解約もありえるのです。

 

人生計画に害を及ばす可能性も

 

上記に記した様々な理由や影響から、延滞はしてはいけないという事を再認識できたと思います。

延滞の定義は一日でも遅れれば延滞になり、期日に払えなければその時点で滞納です。

この延滞基準もカード会社によって様々で、優しい企業であれば許容範囲は大きくなります。

 

しかし延滞自体が大変リスクが伴う行為であり、しないに越したことはありませんよね?

当日の口座入金ではなく、事前準備を怠らないよう心がけましょう。

そして万が一支払いが遅れそうな場合は、自分から会社へと連絡する事が大切です。

 

自身から連絡した方が印象も良くなり、対応策や解決策も一緒に考えてくれます。

一度の延滞が様々な事象に繋がり、人生計画に害を及ぼします。

たった一度のミスから信用を失わないように、真摯に誠実にカードを運用しましょう。