クレジットカードの延滞はいつまでOK?


クレジットカードの支払いは遅れても大丈夫なのか、これは多くの人が抱えている疑問です。
事実クレジットカード会社にも、この問い合わせは圧倒的に多いと言います。

うっかり延滞してしまったら

インターネット上の情報だと、カード会社事で何日までは大丈夫、再引き落としで大丈夫とあります。
しかしこれは間違った情報であり、どれだけ評価された回答でも鵜呑みにしてはいけません。

 

契約書にも記載されてあるように、支払期日に払う事が前提であり、延滞自体が間違いです。
とはいえ、うっかりしたミスやどうしようもない急用によって払えない日もあると思います。
延滞という事実は消せませんが、初めての滞納である場合はカード会社も許容してくれるのです。

 

最悪、強制解約に


毎月しっかりと払っていたお客様が、その月だけ払えなかったというのは何か事情があると察してくれます。
とはいえ、延滞は延滞なので急な解約などには至りませんが、延滞者が明記してあるリストには載ります。
その後カード会社と何らかの事情で連絡が取れなかったとしても、大体二ヶ月は保障されていると言われています。

 

カード会社によって基準が違うので最短と最長の明記は出来ませんが、ある種の目安です。
これを過ぎると強制解約という事態に発展し、最悪の場合手持ちのカードが全て使えなくなります。
また、延滞を繰り返してしまうとカードローンは勿論、カーローンや住宅ローンも組めなくなってしまいます。

 

強制解約まで至ってしまえば、同じ会社のカードは勿論作れず、他社での審査も厳しくなることを覚えておきましょう。
延滞という物は、一日であっても少ない金額であっても、個人信用情報機関に記録されています。
そしてその情報は審査で絶対に使用される物で、支払い能力が無いという事は信用を失ってしまうのです。

 

いつまで延滞して良いのか、という疑問は見当違いであり、延滞自体が間違っています。
もう一度契約書を読み直し、計画性を持ってクレジットカードを使用しましょう。