クレジットカードを延滞すると信用情報はどうなるのか?


支払い額を期日までに支払えない場合、信用情報という物に記録が残ります。
契約内容や返済状況から個人情報まで、様々な物が記載されている物です。

 

この記録は一度保存されると、信用情報機関に一定期間保持されます。
信用情報機関とは、クレジットカード会社とは別の第三者機関です。
日本では三つの信用機関が存在しており、様々な金融機関と繋がっています。

 

その為一度記載されてしまえば、あらゆる金融機関の間で情報が共有できるのです。
これからわかる事は、嘘や誤魔化しが一切出来ず、様々な審査に影響が出るという事です。

信用情報 = 取引履歴

ざっくり言ってしまうならば、信用情報は金融機関との取引履歴となります。
延滞記録から支払い履歴、期日までに払えているのかどうかの記録です。
勿論これは期日までに払う事が大前提であり、契約時に確認されましたよね?
誰にでもうっかりしたミスはあり、そのうっかりがたまたま支払いという事もあります。

 

この場合、すぐにカード会社に連絡を取って指示に従い、支払いを済ませましょう。
そうする事でカード会社からの信用は失われず、迅速な対応も評価されます。
何より初犯であればそこまで重要視される事もなく、カード会社も許容してくれるのです。

 

信用情報機関に記録されるのは、金融機関からの報告が行われた場合です。
上記のように許容してもらったり、穏便に済んだ場合は信用情報に記録されない事もあります。
この場合は審査に一切の影響は無く、今まで通りの生活と人生設計を行えるのです。

 

しかし常習犯であったり、長期間の滞納であれば話が変わってきます。
ついうっかり、とカード会社に連絡したとしても、幾度も続けば許容してもらえません。
すぐさま信用情報機関に情報を渡し、そこから延滞記録がつくのです。

最悪の場合は裁判になることも

これによってカードの限度額の縮小や督促連絡が来ますが、必ず応対しましょう。
もしも無視してしまえば事態が悪化し、最悪の場合裁判に持ち込まれます。

そして裁判からの調停も無視していれば、差し押さえと呼ばれる行為にも発展します。

 

ここまで事態が発展してしまえば、給与日に勤務先へ連絡がくることもあり、信用も無くなります。
働く場所さえも失ってしまう可能性もあり、支払う事も不可能になりますよね。

 

そして最初に記した通り、一度延滞記録が残ってしまえば一定期間は残ります。
これは支払いを完遂したとしても、すぐには消えない記録です。
この情報が消えるまでには一般的に五年以上必要と言われています。

 

そして情報が残っている間、全てのローンに対する審査は厳しい物だと考えましょう。
住宅ローンはまず契約されず、カーローンもほぼ期待出来ないでしょう。
更に手持ちのクレジットカードも解約されている可能性もあり、新たな契約も難しいのです。

 

信用情報は名の通り、自身の信用を書面で表現している物であり、証明でもあります。
延滞等の不名誉な記録が残らないように日々を過ごし、計画的なカード運用を行いましょう。